潤静(うるしず)の口コミまとめ!赤ちゃん保湿におすすめ効果

潤静(うるしず)の気になる口コミをまとめました。潤静は赤ちゃんの肌の保湿に効果があるのか、潤静(うるしず)を使用した率直な口コミを赤ちゃんの保湿剤選びの参考にしてください。

赤ちゃんのスキンケア

赤ちゃんに保湿は必要なの?

投稿日:

スキンケアをしていなくても、
赤ちゃんの肌質は弾力と潤いがあるように思いますよね。

女性が触れるとうらやましくも感じる肌質です。

 

なので、
赤ちゃんに保湿などのスキンケアは
不要だと感じているお母さんも多いと思います。

 

しかし、赤ちゃんの肌は非常にデリケートです。

実は、しっかりと保湿などの
スキンケアを行ってあげなければいけないのです。

 

赤ちゃんの肌に何故保湿が必要なのか

赤ちゃんの肌は、
大人の肌の厚みの半分程度の厚さしかありません。

そのため、
水分量を肌の中に留めておくということも
難しいとされています。

また、水分量と同様に
皮脂の量も少ないことから、
外部刺激に弱いのです。

肌のバリア機能が弱いため、
菌や紫外線、乾燥に勝つことが出来ません。

 

赤ちゃんの肌の大敵は「乾燥」

この外部刺激の中で、
特に重要となるのは乾燥です。

肌が乾燥することで、
肌のバリア機能は更に低下していきます。

おむつや洋服の擦れなど
少しの刺激で肌が荒れる原因となり、
さらなる乾燥や肌トラブルを招きます。

 

乾燥が原因で発症してしまう乳児湿疹は、
生後1か月~1歳までの間に起こる確率が高いとされています。

 

アトピー性皮膚炎の予防にも保湿が重要

乾燥が悪化してしまえば
アトピー性皮膚炎へと繋がる可能性もあります。

このことからも肌を乾燥させないこと、
保湿を十分に意識することは非常に重要な事なのです。

 

保湿ケアの方法。保湿はこまめに!

着替えやオムツを交換する際など、
赤ちゃんの保湿ケアは
大人が行うスキンケアよりも小まめに行う必要があります。

体だけではなく、
顔も乾燥しやすいという点を忘れないようにしましょう。

食事の後の口周りや、
首の後ろ、腕や膝の裏などの関節も
乾燥しやすいポイントです。

全身くまなく保湿を行うことが必要なのです。

保湿ケア用品の使い分け

赤ちゃんの肌に使用できる
保湿ケア用品は多数販売されていますが、
赤ちゃんの月齢によって使い分けてあげるようにしましょう。

肌質に合うものを使用することで、
より高い保湿効果を得ることができます。

生後3か月目までは赤ちゃんの皮脂の分泌量が多い時期です。

そのため、水分量が多い保湿ケア用品が好ましいでしょう。

生後4か月からは非常に乾燥しやすくなります。
油分の多い保湿ケア用品を意識して使用することが必要です。

赤ちゃんの保湿ケアまとめ

体を洗う石鹸なども
保湿成分の配合されたものが好ましいですね。

お風呂後のタオルドライも
肌を刺激しないように注意をしましょう。

赤ちゃんの肌は保湿をしてあげなければ、
乳児湿疹などを起こす可能性が高くなります。

また、成長してからも
生活に影響を及ぼすような、
アトピー性皮膚炎などにもなりかねません。

そのため、しっかりと保湿ケアを行う必要があるのです。

 

赤ちゃんの保湿におすすめのベビーローション

赤ちゃんのスキンケアには
どんなベビーローションを選べばよいのでしょうか。

デリケートな赤ちゃんのお肌に
おすすめできるベビーローションがあります。

 

「潤静(うるしず)」という
ベビーローションは無添加に
こだわっているので安心して使えておすすめです。

それに高い保湿力の低刺激で
0才から全身に使えるベビーローションなんです。

皮膚科の先生が監修した無添加ローション

30日間の全額返金保証
半額で購入できる公式販売店をチェック!

↓ ↓ ↓

【潤静(うるしず)の公式販売店はこちら】

 

 

 

-赤ちゃんのスキンケア
-,

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした