潤静(うるしず)の口コミまとめ!赤ちゃん保湿におすすめ効果

潤静(うるしず)の気になる口コミをまとめました。潤静は赤ちゃんの肌の保湿に効果があるのか、潤静(うるしず)を使用した率直な口コミを赤ちゃんの保湿剤選びの参考にしてください。

赤ちゃんのスキンケア

赤ちゃんの咳が止まらない!寝れない時の対処法とは?

投稿日:

赤ちゃんの咳が止まらず、
寝れないという経験がある方も多いのではないでしょうか。

赤ちゃんに限らず、咳は夜の方が症状は悪化します。

これは、夜になると副交感神経が活発になるため。
鼻、器官などの粘膜の緊張を緩めてしまうためです。

大人であれば咳止めを飲むなど、対処は可能ですね。

しかし、
赤ちゃんが寝れないと更に体力が落ち、
症状が悪化してしまうこともあります。

では、
寝れない時には、どの様に対処することが正しいのでしょうか。

咳の前に鼻づまりを治す

赤ちゃんは、夜になると鼻呼吸に切り替えようとするため、
喉などの呼吸器官へ負担が掛かります。

鼻が詰まっていると、さらに咳が出る原因にもなるのです。

鼻も詰まっている場合には、詰まった鼻水を喉へ流すことで咳が治まることもあります。

まず、クッションや枕で頭から背中までを少し高くします。

これだけでも鼻づまりが解消され、喉に流れる効果が期待できます。

咳が止まらず、鼻づまりも解消されないようであれば、
ホットタオルを鼻の根元に優しく当ててみましょう。

暖かさと鼻づまりの解消によって、寝付くことが出来るようになるかも知れません。

 

白湯を飲ませて咳を緩和させる方法

白湯を飲ませることで、
喉の違和感が解消され、咳も治まる効果が期待できます。

ハチミツを食べることが出来る年齢であれば、
ハチミツを舐めさせてあげるのも良いでしょう。

また、乾燥によっても咳が出ている可能性があります。

これに対しても白湯が効果的ですが、加湿をしてあげるとなお良いでしょう。

加湿器が好ましいのですが、
無い場合には濡れたタオルを赤ちゃんの傍に干してあげます。

夜の咳で寝れない時には、市販の咳止め薬を使用することも有効です。

赤ちゃんには悪影響であるという意見もあるようですが、
使用方法を誤らない限り、一般的に悪影響ということはありません。

シロップや、胸に塗るタイプの薬などがあるため、
常備しておく事で焦らずに対処できるようになるでしょう。

 

赤ちゃんの咳・まとめ

咳をしている赤ちゃんは、
寝れない時には辛そうであり止めてあげたいと思うものです。

しかし、
基本的には体内のウイルスを吐き出すという症状であるため、
無理やり止めてしまうことは悪影響である場合があります。

咳止めの対処法は、赤ちゃんの様子を見ながら行うことが重要です。
また、赤ちゃんは咳が止まらない理由が分からずに不安や辛さを感じています。

落ち着いて対処をしてあげることで不安を和らげてあげましょう。

 

-赤ちゃんのスキンケア

執筆者:

関連記事

赤ちゃんにおすすめの人気保湿ローション!

  赤ちゃんのデリケートなお肌にも おすすめできる人気の保湿ローションを紹介します。 それは、 赤ちゃんのお肌にも安心!と 評判で人気の「潤静(うるしず)」です。 潤静(うるしず)はとにかく …

これってアトピー?【乳児のアトピー性皮膚炎の症状】

  乳児のお肌がカサカサしたり、 赤ちゃんが痒がっていると、 「もしかして、アトピー性皮膚炎?」と、 心配になるママも多いようです。 乳児のアトピー性皮膚炎の症状や原因を わかっていたら慌て …

赤ちゃんを肌の乾燥から守ってあげる4つのケア!

  赤ちゃんのお肌が乾燥すると カサカサして赤くなったり かゆみがでることもあります。 赤ちゃんのお肌が乾燥で 痒がっていたり、 赤く痛そうに見えたりするとママは心配になりますよね。 赤ちゃ …

赤ちゃんに保湿は必要なの?

スキンケアをしていなくても、 赤ちゃんの肌質は弾力と潤いがあるように思いますよね。 女性が触れるとうらやましくも感じる肌質です。   なので、 赤ちゃんに保湿などのスキンケアは 不要だと感じ …