潤静(うるしず)の口コミまとめ!赤ちゃん保湿におすすめ効果

潤静(うるしず)の気になる口コミをまとめました。潤静は赤ちゃんの肌の保湿に効果があるのか、潤静(うるしず)を使用した率直な口コミを赤ちゃんの保湿剤選びの参考にしてください。

赤ちゃんのスキンケア

これってアトピー?【乳児のアトピー性皮膚炎の症状】

投稿日:

 

乳児のお肌がカサカサしたり、
赤ちゃんが痒がっていると、

「もしかして、アトピー性皮膚炎?」と、
心配になるママも多いようです。

乳児のアトピー性皮膚炎の症状や原因を
わかっていたら慌てずに済みますよね。

また、乳児のアトピー性皮膚炎の症状を
事前に予防ができれば安心です。

そこで、今回は乳児のアトピー性皮膚炎の
症状・原因・予防法をご紹介します。

気になる症状があまりにも酷い場合は、
すぐに皮膚科医へ受診しましょう。

 

乳児のアトピー性皮膚炎の症状って?

乳児のアトピー性皮膚炎の症状は、
皮膚のバリア機能の低下による
かゆみ・湿疹などの皮膚病の一種です。

乳児のアトピー性皮膚炎は、
皮膚がカサカサと乾燥して
赤く炎症を起こします。

産後間もなくから生後2か月頃に
現れる乳児湿疹と似ていることが多く、
湿疹ができて間もなくはどちらの
症状なのか判断がつきにくいです。

しかし、乳児湿疹は1歳の頃には
ほとんど見られなくなります。

乳児のアトピー性皮膚炎の症状は
頭や顔にできる乳児湿疹と違い、
首・胸・耳たぶ・耳の裏・肘・膝など
皮膚のバリアが弱い所にできます。

多くの乳児は2歳頃までには、
症状が良い状態になると言われています。

 

乳児のアトピー性皮膚炎の原因は?

乳児のアトピー性皮膚炎の原因は
複数ありハッキリとした原因は未だに
分かっていないそうです。

遺伝によるものや、環境によるもの
様々な原因が重なり引き起こると
考えられているのです。

皮膚のバリア機能が低下すると、
乾燥しやすくもろくなった皮膚に
炎症を起こす原因と言われるダニやカビ
などの様々なアレルゲンの侵入や

汗や細菌、刺激物が入り込むと
アトピー性皮膚炎の悪化に繋がり、
衣服の擦れなどによる摩擦にも
弱くなってしまうと言われています。

過労やストレスや睡眠不足も
アトピー性皮膚炎の原因と考えられ、
赤ちゃんにもストレスがあるの?と
不思議に感じるかもしれません。

メンタルな部分からの影響は、
乳幼児も少なからずあるそうです。

 

乳児のアトピー性皮膚炎の予防法

乳児のアトピー性皮膚炎の予防法は
肌を清潔にして保湿が大切です。

シャンプーや石鹸のすすぎも
しっかりして刺激を取り除きます。

1日に何度もシャンプーや石鹸を
使用するのも皮膚炎に繋がるのでNG。

入浴後は赤ちゃんから使える
保湿ローションで保湿しましょう。

よだれや汗もそのままにすると、
刺激になってしまうこともあります。

朝は軽くシャワーで流してあげたり
よだれは柔らかいガーゼで優しく
ふき取ってあげてください。

衣類の素材も肌さわりの良い、
柔らかい素材にしてあげると
刺激が軽減されて良いそうです。

洗濯は洗剤を少なくしたり、
赤ちゃん用洗濯洗剤を使用するのも
良いですね◎

ダニ・ほこり・花粉・ペットの毛が
乳児のアトピー性皮膚炎の原因の1つに
考えらているのでお部屋も清潔に。

湿度や室温など赤ちゃんが過ごしやすく
乾燥しにくい環境を作ってあげましょう。

 

 

赤ちゃんから使える低刺激のスキンケア
潤静(うるしず)がおすすめです。
↓ ↓ ↓

【潤静(うるしず)の口コミまとめ】

 

 

 

-赤ちゃんのスキンケア

執筆者:

関連記事

赤ちゃんの咳が止まらない!寝れない時の対処法とは?

赤ちゃんの咳が止まらず、 寝れないという経験がある方も多いのではないでしょうか。 赤ちゃんに限らず、咳は夜の方が症状は悪化します。 これは、夜になると副交感神経が活発になるため。 鼻、器官などの粘膜の …

赤ちゃんにおすすめの人気保湿ローション!

  赤ちゃんのデリケートなお肌にも おすすめできる人気の保湿ローションを紹介します。 それは、 赤ちゃんのお肌にも安心!と 評判で人気の「潤静(うるしず)」です。 潤静(うるしず)はとにかく …

赤ちゃんに保湿は必要なの?

スキンケアをしていなくても、 赤ちゃんの肌質は弾力と潤いがあるように思いますよね。 女性が触れるとうらやましくも感じる肌質です。   なので、 赤ちゃんに保湿などのスキンケアは 不要だと感じ …

赤ちゃんを肌の乾燥から守ってあげる4つのケア!

  赤ちゃんのお肌が乾燥すると カサカサして赤くなったり かゆみがでることもあります。 赤ちゃんのお肌が乾燥で 痒がっていたり、 赤く痛そうに見えたりするとママは心配になりますよね。 赤ちゃ …